トップ >> 不動産の仲介売買と管理業務

不動産の仕事の種類の情報

不動産仲介売買の仕事とは

不動産仲介売買という仕事があります。自分のネットワークやコネクションを使って、お客様が希望する条件によく合う物件を探しだして紹介する仕事、お客様が売却したい中古物件の次の買い手を探して紹介する仕事、中古物件が欲しいというお客様に売却にだされている物件を紹介する仕事・・・。これらが、仲介売買という仕事です。もちろんこちらのお仕事の収入は仲介手数料です。仲介ではありますが、不動産売買のお仕事ですので、宅地建物取引主任者の資格が必要であるといえるでしょう。その人脈をつくることや、売買物件の調査をすることは、日々の努力にて行われます。

不動産管理の仕事とは

不動産管理のお仕事は、その名の通り、アパートやマンションの管理です。管理会社は家賃を滞納している人に対して催促の電話をかけたり、物件の清掃や補修の業者を家主に紹介したりします。物件の家主さんと管理の委託契約を結んで、管理の請負をします。また、不動産管理のみを仕事としている会社はあまりありません。一般的には賃貸仲介業者が管理の委託をされることが多いのです。なぜなら、家主さんも、入居者を募集できる業者に委託したいという気持ちがあるからです。このため、管理会社のメインの業務は、それまでどおりの賃貸仲介であることが多いです。