不動産業界の情報


過去の情報一覧

不動産アドバイザーとは

不動産関連の仕事には、たくさんの種類の仕事があります。1つずつ見ていきましょう。まずは、不動産アドバイザーという仕事があります。こちらは、初心者の投資家の方など、知識があまりない方へのアドバイスをすることでコンサルティング料をもらう仕事です。それだけでなく、投資家向けのセミナーを開いてその授業料を得たり、投資家の先生としての顧問料をもらったりしています。成功している投資家の方がこの仕事をしていることが多いです。またセミナーの講師や顧問の先生としてアドバイスはしますが、投資そのものの失敗・成功は本人の責任で行われます。

不動産コンサルティングとは

不動産コンサルティングという専門的な仕事があります。知識や経験をもとに、不動産の有効的な活用方法や事業計画、土地の利用方法などをアドバイスしたり、提案をするお仕事です。コンサルティングを仕事とするためには幅広い知識が必要です。こちらの仕事につくためには、宅地建物取引主任者と鑑定士の資格をとり、5年以上の実務経験があることを証明することで技能登録者として登録されます。そうすると、コンサルティングの仕事ができるようになります。このことからコンサルティングの仕事をするためには知識を経験がとても重要であるということが伺えますね。

新着情報

2016-07-28 選べるのは注文住宅が更新されました。
2016-06-13 賃貸住宅のメリットが更新されました。
2016-02-21 太陽光発電投資情報が更新されました。
2016-02-10 豊富なマンションが更新されました。
2015-09-09 不動産を売る際の事が更新されました。